躁鬱の症状を理解して予防に努めよう【早期発見が人生を左右する】

婦人

躁と鬱を繰り返す人には

医者

躁鬱の症状の最大の特徴は、躁と鬱の期間を何回も繰り返す点にあります。特に、躁状態のときには浪費をしたり、守れないような約束をしたりして信用を失いがちです。影響も大きく後から困ることが多いので、見守る家族にも注意が必要です。

Read More...

鬱にならないためにも

女性

なりやすい人

近年、ストレス社会と言われるほど人はストレスにより様々な病気になり、悩み苦しんでいます。それには、ストレスに弱い人の特徴があります。様々なストレスがありますが、例えば、仕事や家庭の不和は誰にでも起こり得ます。人間関係で言えば、友人や近所など第三者との関わりで生じるストレスもあるでしょう。親近者の死やペットの死といった別れによる喪失感も大きなストレスと言えます。ほかにも、引っ越し、定年、更年期といった環境の変化など沢山考えられます。ストレスに弱く躁鬱になりやすい人の特徴は、人付き合いがよく頼み事が断れないような優しい方です。他にも真面目で神経質、綺麗好き、完璧主義者などの方は、自分で躁鬱に追い込んでしまうことが少なくありません。。それ故に、心の中の言葉を発する事が出来ず、一人で考えてしまいます。ストレスを発散、解消する事も出来ず悩む事になります。嫌われたくないという感情が自分を苦しめているのかもしれません。躁鬱のチェック方法もありますので、気になる症状が出ましたらセルフチェックしてみましょう。いつもそわそわして落ち着かなくなってきた、何度も買い物に行く、なんでもない事で電話やメールをするといった人との繋がりを持とうとするなどが挙げられます。また食欲がなくなった、逆によく食べるようになったといった食事の変化や、怒りっぽくなった、喧嘩が増えたなど以前とは違う行動をするようになった場合には、気をつけましょう。また、躁鬱の症状も考えてみましょう。躁鬱は、治療しますと症状は緩和しますし完治する病気ですので早めに気づき、安心して治療する事が良いでしょう。

治療と効果

躁鬱の症状を考えてみましょう。頭痛やめまい、吐き気といった体の不調に加えて、朝の目覚めが悪い、気分が乗らない、急に気分が変わり変化が激しい、自信がなくなる、などの心の症状も現れ始めます。病気が進行していきますと最悪の状況になります。人が信用できなくなり、全ての事を否定したり、自分の存在まで否定します。このような症状になった場合は、入院をする事をお勧めします。初期の症状の時には、気づきにくいですし、周囲の人のその人の性格やその時だけではないかと病気を疑わない事が多いです。しかし、そのまま放置する事によって病気は益々、進行していきます。明らかに周囲の人にも気づく症状や患者本人もどうする事も出来ない状態になり病院へ行く事も多いです。定期的にセルフチェックしたり、家族や周囲の人を注意深く観察する事で早期発見する事ができます。治療としては、病院の処方する薬、周囲の人や家族が患者に対する対応、協力によって病状は少しずつ緩和していきます。カウンセリングや受診の時には、付き添いを頼んで行く事が良いでしょう。また、気分転換やストレスを解消する方法、リラックスできる環境作り、食生活や生活習慣の見直しも必要です。周囲の人や家族も辛いですが、1番辛い思いをしているのは患者本人です。協力をして早く完治して元気になる事を考えて治療していきましょう。まずは、病院でのカウンセリングが必要で、治療に向けて受診しましょう。

どのようなものなのか

悩む男性

躁鬱病は感情の起伏がかなり激しくなってしまう心の病で、一般的なうつ状とは全然違った症状を引き起こします。体調不良やだるさが続く状態と、異常なほどポジティブという振り切れた状態を交互に繰り返すのです。

Read More...

病気の見極め方

看護師

躁鬱の症状はうつ病と間違いやすく、病気であることの判断も難しいが一度ちゃんと診断できれば他の精神疾患よりもずっと治療がしやすく楽に治りやすいと言われているので、早めに病院での治療を開始するべきである。

Read More...