躁鬱の症状を理解して予防に努めよう【早期発見が人生を左右する】

花

どのようなものなのか

悩む男性

患者への接し方

躁鬱病というのは、分裂病などと同じ内因性の精神病です。しかし分裂病とは違い、人格そのものを壊してしまうようなことはありません。人格ではなく感情の部分に障害の起こる病気で、躁と鬱の症状を交互に繰り返します。躁鬱病の症状の最大の特徴とも言えるのが、躁状態と鬱状態との感情の起伏の激しい差です。この2つの症状というのは極端なほどに、全く正反対の感情が心を占めてしまうのです。躁状態のときには心が妙にウキウキとし、晴れやかで活動的になります。しかもその気持ちを抑えられないために、周囲の迷惑などには構わず、朝でも夜中でも気持ちのままに行動してしまいます。また、話す内容や仕事ぶりなども誇張が多くなり、お金遣いが荒くなることも少なくありません。逆に鬱状態のときには、気分が重く沈み込んでしまいます。何に対してもやる気が起こらず、話すことすら間々ならないことも多くあります。また、こうした気分の落ち込みだけではなく、体の不調も出てきます。食欲不振や不眠、だるさなどが主な症状として現れ、決断力も欠如してしまうことも少なくありません。このように対照的な症状を繰り返す躁鬱病患者と接するには、その時々の症状に振り回されないことが大切です。必ず一歩引いて、客観的な位置から接するようにします。というのも躁鬱病というのは感情の病だけあって、感情の抑制がききません。そのため客観的な立場を崩してしまうと、精神的な負担が大きくなり、ストレスが溜まる結果となることも多いのです。それによって周囲の人までもが、体調を崩してしまうこともありますので注意したいところです。また、何か決断をしなければならないときには、躁と鬱との切り替わりの時期に行うようにします。それ以外の時期では、正常な判断ができないと思っておいた方が良いでしょう。

今後どう変わっていくのか

躁鬱病というのは精神的な病気のため、体に何か異常があるわけではありません。そのため手術で治すということもできないわけです。しかも1度症状が落ち着いたように思えても、再発率は高くまた同じような状態へと戻ってしまうことも少なくありません。近年では効果的な薬の開発や、新たな精神治療などによって治ることも多くなってきていますが、やはり再発が気になる人は多いのです。そうなるとその不安が、 再発の誘因となってしまうこともあります。そこで今後は、精神に直接働きかける治療薬などの開発もされてくるのではないでしょうか。現在でも精神を安定させる薬は存在しています。しかしそれは気持ちを落ち着けるもので、感情を積極的に左右させるものではありません。ですので今後は精神に直接働きかけ、起伏をコントロールできるような薬が生まれてくるような気がします。感情というのはアドレナリンなどの分泌によって左右されるものですし、難しいことではないのではないでしょうか。少々乱暴な方法ではありますが、薬で感情をコントロールした上でカウンセリングなどの精神的な治療を行えば、もっと早く完治させることができるような気がします。また、感情コントロールすることができれば、患者本人だけではなく、周囲の人達への負担も減らすことが可能でしょう。躁鬱病というのは症状が現れている間というのは、正常な判断をするのは難しいものがあります。ですので薬によって症状を抑えてあげることで、治療の効果も高くなり早期の完治を目指せるようになっていくでしょう。